廃車費用と処分の仕方

車は処分するにも費用が掛かります

今お持ちの車を処分する場合、処分の手続きの仕方が3つあります。
まず「永久抹消登録」という、もう絶対に乗らない車で解体してもよい、という場合の処分。
そして「一時抹消登録」という、一時的に乗らなくなるので、保管は必要という場合の処分。
これはあまり一般的に使用されるものではないかもしれませんが「輸出抹消登録」という輸出する場合に必要な処分の仕方があります。

永久抹消登録の場合の廃車費用について

”車体引き取り費用”、”リサイクル料金”、”車体解体費用”、”書類作成費用”というものから成り立っています。
軽自動車の場合には合計すると0.8万円~3.8万円かかります。普通車では合計で1万円~4万円、大型車では2万円~5万円、海外車では1.6~4.6万円となっています。
それぞれに、車体引き取り費用については解体屋に直接持ち込めばかかりません。書類作成も自分で行えば費用は掛かりませんし、リサイクル料金もすでに支払っていれば必要はありません。
そしてナンバープレートを外し、作成した資料を陸運局に提出する(軽自動車は軽自動車検査協会)で、ナンバープレートを返納します。自動車税の期限が1か月以上ある場合には返還もされます。

一時抹消登録の場合の廃車費用について

こちらの場合には”書類作成費用”だけとなっていますから、ご自身で書類作成を行えばただで行えます。
依頼する場合でも高くて1万円となっています。

買取ってもらえる場合もある

廃車にせず、買取をしてもらえる業者を探すのも一手です。
このサイト(廃車費用ラボ)のような一括見積りサイトを使うと、買取に応じてくれる業者を探しやすいのでおすすめです。